猫田美四

今から四半世紀前、斑の猫が頭の耳の裏を生傷追って上がり込みました。
そんな「猫田美四」は、実際もフレンドリー。
それから、台所の窓の前に夕刻座り込み。
相手にしないでほっておくと、夏場には網戸によじ登りアピール。
猫は情緒不安定な種が多いですが、一回も威嚇も引っかきもない優良な猫でした。

work_3に戻る
☆次へ

Soliloquy_of-_-BiYong_Nekoda_5