Kanda

東京の本の街、「Kanda」をご紹介。
在住する県には、東京のように何かに特化したエリアはっきりいってありません。
なのでこの作品の街のように、ここへ行けば目的のものがあるなんて羨ましい。
主人公が掲げるのは、かんだの古本もちろんフィクション。
中央線走る高架橋に古本店街、主人公に寄り添う「知性」の象徴コリーで完成。
★Work_3へ
☆次へ

Kanda